呜呼 华のように鲜やかに さあ 啊 像花那样鲜艳 飒
呜呼 鸟のように优雅に 啊 像鸟那样优雅
呜呼 风まかせも心地良い さあ 啊 凭风拂面也很舒服 飒
呜呼 月明かり照らされて 啊 明月光辉照耀世间

正しさなんてもの 所谓的正确与否
人の物指しによって変わる 会根据人的判断而改变
この世界 不変あるとするならば 这个世间 要说不变的事物 唯有
华鸟风月 厳かで美しいもの 花鸟风月 这些庄严而美丽的事物

后悔をして 学び また歩もう 经历过后悔 学会教训 继续前行
二度と过ち 缲り返さぬように 不要让错误再一次重复发生
歴史とは 変わらぬ感情が 所谓的历史 也就是不变的感情
廻り廻って 伤つけて和解された 峰回路转 相互中伤又和解 …
千切れた云の隙间に 映ゆる今宵の月は 波云飘过的空隙之间 掩映出今夜明月
解けた帯によく似た 淡い花模様 恰似宽解下的腰带上 淡雅花纹
爱し君の唇が 口ずさむ手毬呗 你可爱的小嘴 轻声哼起童谣小调
あの日の面影はもう 祸夜最の果て 那日容颜已成为 那夜灾祸最后的结果

根雪の下で芽吹いた意思の 残雪下破土而出的心意
蕾は何処で咲くのだろう? 花苞又会在何处绽放呢?
差しのべた手の温もりは変わることなく 伸出的手 温暖还尚未消散

失くした物を忘れ去るように 就像要忘却那些失去的事物
过ぎ行く四季の移ろいに 四季轮转交替不停
道の端揺らぐ花よ 君は今何思う 路旁摇曳的花啊 你现在又在想什么

远く渗む缥色 流々と旅行く鱼は 共长天一色的流水 络绎不绝的鱼群
「己が运命」と散りても羽瀬に惑いて 说是为「自己的命运」而牺牲 却是困入了鱼篓中

叶黒无く脆く砕けた命(ツキ)の 飘渺而脆弱的这已经破碎的生命(残月)
欠片は何処へ还るだろう? 碎片该归还于何处呢?
天翔けるその煌きは 语ることなく …
まだ幼いあなたを「咲夜」って名付けた 在你还很小的时候就给你取名「咲夜」
夜に咲き夸る汉字2文字で「咲夜」 在夜晚盛开而自夸的汉字两个字「咲夜」
见习いからメイドとして始めたころは 你刚开始做见习女仆那时
まだ日伞を持つ手が震えてたりしてた 撑阳伞的手臂还在不停颤抖

いつもいつも私たちは一绪だったなぁ 永远永远我们会在一起呐
背伸びして私の髪をといてくれたなぁ 你踮着脚帮我梳过头发呐
大きな胸に夜色の瞳辉かせたなぁ 看到大胸的时候你的夜色的瞳孔两眼发过光呐
あなたがそばに来て私はいっぱい笑ったんだなぁ 自从你来身边之后我尽情笑过很多次呐

咲夜 咲夜 会いたいよ 咲夜 咲夜 好想见到你啊
いやだ朝までなんて待てないよ 不行 根本不可能等到天亮啊
天に辉く明星 お愿い 天上最亮的金星 求你了
时の针をもっと回して 让时钟的表针再多转一些
咲夜 咲夜 会いたいよ 咲夜 咲夜 好想见到你啊
いやだ懐こい笑颜待てないよ 不行 熟悉的笑容根本等不及了
天に辉く明星 お愿い 天上最亮的金星 求你了
时の针を早く回して …
君はなぜ泣いているの? 你为什么在哭呢?
知らんぷり もう出来ない 已经不能再装作没有看到
悪戯に笑い合える 君がいい 捉弄人之后笑还回来 那样更适合你

『同情』や『共感』は后付け 说「同情」或「共鸣」都是马后炮
とにかく君が心配 总之还是担心你
素直に「笑って」と言えば 以为单纯地一句「笑一下」
元通りになると思ってたよ 就能回到原来的样子

哀しみが零れ落ちて 悲伤的眼泪零落
足元を濡らしてゆく 沾湿脚旁足畔
幼気で深い 君の见过ごせぬ 无法忽视楚楚可怜的你
小さな海は 小小一滩海
安っぽい慰めでは 掉价的安慰
汲み取れはしないと知り 也知道大概不能感同身受
励ましや 问うことさえ 鼓励的话 甚至询问缘由
踌躇った 都踌躇了

优しく接してあげたい 想能够温柔地接触你
だけれど どうすればいい …
几千の夜 几万の星 数千夜晚 数万繁星
泣いて流れ抱きしめて 哭着喊着抱紧着
爱しい君を 切に思う 深切想念着 深爱的你
涙枯らせる程に 甚至流干眼泪的程度

揺り笼のように揺れる 像摇篮一样摇摆中
时代は儚さの小舟 时代就像纤纤小船
纺ぎ合える指先さえも 就连十指相合的指尖也
风の悪戯に解けてく 因风的玩笑而解开

虚ろな心一つ 一颗空虚的心
天の川を旅しながら 漫游于银河繁星中
何时か辿り着けると信じ 坚信终有一日能到达
愿う切なさの道标 所思所念的那块路标处
遥かな记忆の果て この灯火 探寻遥远记忆的终点 这片灯火
约束の月见桜 感じて 约定的月下樱 感觉到

几千の恋 几万の伤 数千恋爱 数万伤痕
强く深く限りなく 强烈的深刻的无边无垠的
描く未来 永久人 描绘中的未来 永恒不变的人
现在を忘れる程に 甚至忘了现在的程度

几千の夜 几万の星 …
シンデレラアバターは駆け引きが上手 仙杜瑞拉的身份适合临机应变
然り気なく君にガラスの靴を捧げます 若无其事地向你送去水晶鞋

理想的女性像で君を诳かすの 用理想的女性形象诱惑你
「猫かぶり」さえ可爱らしい魔性で 甚至扮作猫咪那么可爱又魔性
磨かれた名演技に酔い痴れなさい 快痴醉于我磨练已久的演技下吧
灰かぶった少女なんていなかったの 蓬头垢面的灰姑娘根本不存在

シンデレラアバターは魔法の产物 仙杜瑞拉的身份是魔法的产物
お伽噺では刺激不足 大人の味 童话故事不够刺激 成人的味道
シンデレラアバターは我尽にさせる 凭借仙杜瑞拉的身份让我为所欲为
迎えに来てよ 唇が干かないうちに 快来迎接我吧 趁唇印未干

お姫様 召使い なんでも演じれそう 公主 侍从 感觉什么都能演
臆病な本性さえ隠せるなら 只要能藏起我胆小的本性
これほどに私を狡贤くさせる 让我变得如此狡诈
君の魅力こそが罪 気付いてるの? 全是你的魅力的罪过 没注意到么?

シンデレラアバターは魔法の产物 仙杜瑞拉的身份是魔法的产物
お伽噺では刺激不足 大人の味 童话故事不够刺激 成人的味道
シンデレラアバターは我尽にさせる 凭借仙杜瑞拉的身份让我为所欲为
迎えに来てよ 唇が干かないうちに 快来迎接我吧 …
残响は鸣り止まず 回声响而不绝
胸に残る 留于心中
记忆に缒ることだけ 沉溺在记忆中这一点
上手くなってしまった 却变愈发熟练了

光降る 阳光洒落
平穏に诱われて 诱向平稳日常
窓から见える 从窗沿看去
いつもの后ろ姿を探した 探寻一直在那儿的背影
わかってる 我明白的

会えなくなるわけでも无くて 并不是再也见不到了
君が消えてしまうことも无い 也不是你要永远消失了
过去と违うことは一つ 和过去相比唯一不同的一点
「答え」が知らせた见えない壁 是得知了「答案」这堵看不见的墙

残响は鸣り止まず 回声响而不绝
胸に残る 留于心中
元の形が消えても 就算已经没有了原本的形状
哀しみは消えません 悲凉还是不会消失

绮丽だった音色も 曾经清澈的音色
浊っていた 也变得浑浊
あのドアを开けなければ 没打开那扇门的话
知らずにいられたのに 明明还能继续不知情的

ぎこちない 生疏而尴尬
新たな二人の距离 两人间新的距离
何を话せば …
夜桜に君を隠して 将你藏于这夜樱中
新たな道へ 走向新的方向

无情な选択 无情的选择
美しさも无く 没有丝毫美感
まあ 悲剧だったら 嘛 要是场悲剧的话
见世物には良い 很适合别人旁观吧

君は月の様に辉いてる 你像月亮一样照亮夜空
见ないように生きるなど 要装作没看到继续活着什么的
素面では到底无理な訳で 清醒的时候说实话我做不到
今宵も散る花を浮かべ 今夜也让花瓣浮于杯盏

夜桜に君を隠して 将你藏于这夜樱中
美酒を味わう 品味这美酒
酔い痴れたら 如果能痴醉于
都忘れ 这片野春菊
君を忘れ 从而忘记你
新たな未来 向新的未来

愚かな期待を 愚蠢的期待
君の言叶から 起因于你的话语
そう 未练が生んだ 是 产生这份留恋
捻じれた解釈 是因为扭曲的解释

君は月の様に眩しいけど 你虽像月亮一样耀眼
朝はいずれやってくる 但是清晨迟早会来临
アンニュイに溺れるばかりでは 一味沉溺在萎靡中的话 …
星が広がる空 广阔星空下
一人立ち止まって 一个人驻足
伝えられずにいる 传达不到的思绪
この想い 见上げて 仰头许下心愿

目に见える物は 眼中映入的事物
全部 爱おしくて 全部都如此可爱
耳に届く音は 耳中传入的声音
何もかも 美しい 句句都如此美丽

星を 线で结んで 用线条将星星连起来
君を描いて 画出你的样子
瞳 の中に 映した 牢牢记在眼中
いつも 强がる 一直在 逞强的
私は突っぱねて 我一直在抗拒
本当は 君が居ないと 其实 没有你
駄目なのに 就完全不行

远く 远く 続いてる空 向远方延展的夜空
その向こうで 君は 何想う 那一端的你 在想什么
いつか消える …
たま たま
向こうの世界は いつも 赈やか 对面的世界 总是很热闹
だけど どこか つまらなそうだ 但是 总觉得哪儿 有些无趣
『一绪に笑える』それだけのこと 『能一起欢笑』只有这一点
とても大切なこと 是最重要的事

ランコ ランコ
教えてくれた君への感谢は 你告诉我种种的感激之情
尽きないけど 「ありがとう」とは 无以言表 就连一句「谢谢」
照れくさくて 言えそうにない 都羞涩得 难以启齿
今夜も 黙って干杯 今晚也 默默干杯

たま ランコ たま ランコ
「忧世郁世」云々 叹き节 聊起「忧世郁世」云云 悲叹处
肴に呷る 酒の苦味よ …
その花を 咲かせばあとは 那朵花 开了之后将如何
枯れるのが その定めか 就会枯了么 宿命是如此么
その命 散らしてつなぐ 那条命 将断却又续
思いを全て 受け取って 所思所想 全盘尽收
竹ノ花 竹之花

【七】 【七】
远くに见ゆるその影に ふと过る 远远望去那背影 忽又消失
远い日に交わした约束 远久之日互换的约定
この手の届かぬところへ 歩み去る 渐渐走向伸手也无法触及的地方
その背中に影を合わせて 将自己的身影重叠在那背影上
交わし足りぬ言叶 那些说不尽的对话
全てを胸に押し止め 全都压在心底
ただただ愿うのは 只是一心所愿
爱した女の幸せか 所爱的女子是否幸福

竹ノ花 竹之花
咲けばただ 一旦开花的话
散るまでの身と闻けども 听闻生命就仅剩到花谢为止
その命の在る限り 只要那命还在
どうか生きてゆけと 还请一定要活下去
その幸せを愿えばと …
君さえいなけりゃよかった 如果你从未出现过该多好
降り出した雨の中で 君に出会った时から 下起雨的那一刻 从遇到你那时起
君がいないということが 当たり前じゃなくなった 身边没有你的情况 就已经不再是平常
ああ こんなはずじゃない 啊 不应该是这样的
ずっと自分胜手にさ 过ごせたはずなのに 明明一直是散漫地过着自己的日子
まるで仆じゃないような仆が さらけ出されてくよ 就像是带出了不是我的另一面的我

君さえいなけりゃよかった こんな気持ちは知らないから 如果你从未出现过该多好 就不会知道这种心情
やらなくちゃいけないことが 手つかずのまま积もってく 一堆不得不做的事情 堆在手头越积越多
仆じゃなくてもいいのなら こっちを见て笑わないでよ 如果不是我也可以的话 就别看着我这边笑啊
大袈裟じゃなくてそれだけで 忘れられなくなるの 甚至那些不重要的事情 都变得难以忘记了

君の适当な话も 全部心に刺さります 你无意间随口说的话 全都刺在心头
気にしなけりゃいいのにな 残らずかき集めちゃうの 虽说只要不在意就可以了 却一句不剩全收集了起来
ああ こんなはずじゃない こんなはずじゃない 啊 不应该是这样的 不应该是这样的 …