MSR 2012 @ ICSE

Mining Software Repository 2012 @ ICSE

今年のMSRを参加しました、会場はチューリッヒ大学にあります。朝早く大学に 着いて、登録するときちょっと事情をありました。スイス人は明らかに中国人 の名前をわからないから、3つの中国からの楊(Yang)の名札を間違えた。そ して堀田先輩の名札に"Japan, Japan"になって、日本代表になった。

MSR(MicroSoft Research) talk @ MSR(Mining Software Repositories)

まず一番目のKeynoteはマイクロソフトアジア研究院(MicroSoft Research @ Asia ,MSR Asia)のZhang氏が発表する、こうしてMSRがMSRに発表するになった。

Zhangの発表はSoftware AnalysisとXIAOの2つの紹介です。XIAOはマイクロソフト が開発したCode Clone Detector、ある会社が私達に任せるのもこのようなシステム です。もっと詳しく知りたいが、実装に関わるものは言ってなかった。

Towards Improving BTS with Game Mechanisms

これの内容は基本的にこのブロクに書いています:

http://www.joelonsoftware.com/items/2008/09/15.html

同じ理論をIssue Trackingとかに応用できるかを言いました。個人的にこれは 意味ない気がします。stackoverflowの成功はOpen Software Communityにもと もとある名誉システムを具現化したですから、それを会社の中に応用するのは 難しい気がする。

GHTorrent

この研究のスライドはこちらに:http://www.slideshare.net/gousiosg/ghtorrent-githubs-data-from-a-firehose-13184524

Data exporter for github. Githubの主なデータはコード、それは既にgitから アクセスできます、wikiはgitとして保存しているからそれも含まれている。 ですからこのプロジェクトの目的は他のデータを表せる、つまりissues, commit commentsなど。このプロジェクトはgithub apiを通じて、分布システムとして apiの制限を超える、そしてtorrentの形で歴史をdownloadできます。元のデータ はbsonとしてMongoDBの保存して、Schemaを追加したデータはMySQLに保存する。

わたしの意見では、データをgitのrepoの形で保存するの方がいいかもしれない。 今のwikiのように、そしてgitoliteも全てのデータをgit自身の中に保存している。

The evolution of software

二日目のkeynotes, social mediaをソフトウェア開発に巻き込めるについて 話しました。もしかしてこれはGithubの成功の理論かもしれない。IDEの中に social mediaのアクセスを欲しいと言いました。

Do Faster Releases Imporve Software Quality?

Firefoxを例として研究しました。

結論としては、早い発行はbugを多く持たされ、crashがもっと頻繁になるが、 bugの修復も早くなって、そしてユーザー側はもっと早く新しい発行に移動する ことをわかりました。

Security vs Performance Bugs in Firefox

性能に関するbugはregression テストが要る、そして発行を阻止する。


思いつき

topicに基づいてcommitの分析と分割

よく使うツール(例えばgit)のユーザーはツールの設計者の意図を従って ツールを使うことはない、設計者が思った用途以外にも使っていることが多い、 それはMiningに対しては色々困難を持たされています。例えばgitには完璧な branch機能がある、通常にgitのユーザーが一つのcommitに一つの機能を実現 してほしい、例としてはbugの修復とか、機能の追加とか。それは難しいなら branchを使って、一連のcommitを一つのbranchになって、一つのbranchに一つ の機能を実現してほしい。それなのに、現状では、沢山の編集を一つのcommit に含まれていて、後の管理とか情報の収集とかが困難になってしまう。

それはユーザーの悪いと思わない、ツールの方がもっと頑張らないとユーザー は正しく使えない。もしcommitの時、自動的にcommitの内容を分析して、 その中にtopicによって分けて、ユーザーに推薦するのをてきたらいいなぁ、 と思っています。このように一つのcommitを多くに分割したら、commitの履歴 をもっと見やすくなって、続いて分析とかも便利になるはずです。

今回に皆使っているslideのシステム

タイトルは


Incorporating Version Histories in Information Retrieval
Based Bug Localization
の人が使っているのはbeamerです。数式が多くて、 overlayも多くて,iterateも多い、図だけ少ない、典型的にbeamerに作れそうな スライドです。mindmapの使いもうまい。今日の一日に少なくとも3個のslideは beamerで作られています。

タイトルは


Towards Improving Bug Tracking Systems with Game Mechanisms
の人はpreziを使いました、図が多くて、transitionも多い。但しスライド としては必要なページ数とかがなくて、このような国際会議の場合にはもっと 工夫をした方がいいかもしれな。

少なくとも六人以上はAppleのKeynoteをつかていまう。Keynoteによる作った スライドはPowerpointのになかなか区別しがたいですが、その中に二人は defaultのthemeを使ったからわかります、他の人はPPTに決してありえない アニメションを使っていますから、多分keynote。

残りは勿論Powerpointです。MSRAの張さんが作ったのはpowerpointなんですけど、 すごくbeamerの感じがします、例えばheaderとfooterの使い方とか、overlay 見たいのものでページのitemを一つずつ展開するとか。それらを全部powerpoint で作るのは相当手間がかかりそうです。

ちなみに言いたいのは一つタイトルは


Green Mining: A Methodology of
Relating Software Change to Power Consumption
のスライドは全部

下手
な手描きの漫画で表せている、火狐のアイコンさえ手描きする、効果は意外に 評判がいい。省エネでグリンで環境にいいで可愛らしい。具体的な効果は下の リンクから見えます、現場で見たのは別のバージョンなんですけど:

http://softwareprocess.es/a/greenmining-presentatation-at-queens-20120522.ogv

マイクロソフトは腹黒っ子!

まぁ大したニュースではないですけど、MSR2012のMining Challengeのスバンサー はマイクロソフトで、商品はXboxとKinectですけど、今年のチャレンジのテーマは:

Mining Android Bug

マイクロソフトの殺意を感じしました。

Leave a comment from this post's issue page using your Github account.
comments powered by Disqus