【听译】爱き夜道

たま たま
向こうの世界は いつも 赈やか 对面的世界 总是很热闹
だけど どこか つまらなそうだ 但是 总觉得哪儿 有些无趣
『一绪に笑える』それだけのこと 『能一起欢笑』只有这一点
とても大切なこと 是最重要的事

ランコ ランコ
教えてくれた君への感谢は 你告诉我种种的感激之情
尽きないけど 「ありがとう」とは 无以言表 就连一句「谢谢」
照れくさくて 言えそうにない 都羞涩得 难以启齿
今夜も 黙って干杯 今晚也 默默干杯

たま ランコ たま ランコ
「忧世郁世」云々 叹き节 聊起「忧世郁世」云云 悲叹处
肴に呷る 酒の苦味よ 鱼肴塞口 苦酒滑肠
けれども染み入り酔いぬのは 却说酒醺而未醉
君と居るからこそ 但因有你在身旁

雨天决行 雨天决行
月夜に想い耽る 月夜下思绪渐远
一方的な送り舟 有去无还的客船
何时 何时苦しみ酒が染み 从何时起 苦酒沁心
またあの日を慈しみ 又忆起旧时静好
癖に成る様な嫌な辛味 讨厌却又成瘾了的这辣酒
酒は进めど蟠り 推杯换盏 心怒难熄
杯に君を投影 欲将你投影于酒盏
する度波纹や花见月 定睛看去却波纹映月
瞳が嵩を増さす 眼瞳瞪大
揺れる心は过度な摩擦 摇摆的心过度摩擦
笑い话 言笑之话
にも出来ずに 想いは盥回し 也想不出一句 顾左右而言他

たま ランコ それでも回る世界 たま ランコ 即便如此世界还在旋转
雨天决行 そう変わらず二人は存在してる 雨天决行 对的 不变的是两人也还继续存在
たま ランコ 今でも垢抜けない たま ランコ 现在也是蓬头垢面
雨天决行 想いが交差し后悔し寝る 雨天决行 心绪缠结 后悔着入眠

たま ランコ たま ランコ
向こうの世界は 平穏无事 对面的世界 平稳无事
だけど どこか 息苦しそうだ 但是 总觉得哪儿 喘不上气来
肩の力を 抜き 过ごせる 是要放下重负忍辱苟活么
场所ではないのだろう 现在也还没到那种程度吧

たま ランコ たま ランコ
「渡世は厌世」云々 恨み节 聊起「渡世即厌世」云云 悲恨处
肴に浸る 酒の苦味よ 鱼肴浸口 苦酒滑肠
けれども染み入り酔いぬのは 却说酒醺而未醉
君が居るからこそ 但因身旁有你在

ランコ ランコ
仆は 名前も 知られてない 你甚至都不知道我的名字
君の 周りには 人集り 你的周围人群拥聚
だから 仆は 所以我选择
少し 离れた 场所で 在稍微离远一些的地方
君を见ていた 一直注视着你

たま たま
薄ざわめき 云隠れの月 淡淡薄云 遮掩明月
妙に 肌寒い 夜の小道 微微寒风刺骨 夜间小道
足元を照らす程度でいい 只要能照亮脚边的程度就够
今夜は 灯りが欲しい 今晚想要些灯火

雨天决行 雨天决行
当面の予定は未定 眼下的预定是尚未确定
そう透明で依然 差し出す両手 即是未知却依然 伸出的双手
二人が见ず知らず 两人尚是陌路
何て想いだす意気地无し 为何会想起懦弱的一面
未来予想すら 就连对未来的预想
几ら重ねても肥大妄想 诸事重重都是妄想
喉を诘まる言いたい事 想说的事堵在喉口
弱音を吐き崩れる膝小僧 说出口却全是软了膝盖的泄气话
たまにの晩 釈然の晩酌 偶然的夜晚 释然的酒宴
全能まではいかず 却不能如愿全能
「また、いつか」だけは誓う 「那么,何时再聚」只有这句约定
それで明日が始まりだす 就凭这句明日奋斗新的一天
実が无い话も根も叶も堀り 完全无实的话却能刨根问底
二人の时间に华を咲かす 两人的时光如昙花一现
実感出来れば有终の美 如果能有实感的话也想有终之美
贵方の立场も重々承知 你的立场我也一清二楚

たま ランコ たま ランコ
向こうの世界が 幕を闭じて 对面的世界 落下了帷幕
彼らは 大きく 息をついた 他们开始鼾声四起
仆らもいずれ 别れるだろう 我们某日也将相互道别吧
それぞれの行く先 走向各自不同的方向

ランコ たま ランコ たま
君との别れは ちょっと悲しいけど 和你的诀别 虽有些悲伤
涙の别れは もっとつらい 但流泪的告别 也更难受
だから 仆は きっとその时 所以我决定 到那时一定
笑いながらに言うよ 会一边笑着一边说

たま ランコ 雨天决行 たま ランコ 雨天决行
二人 騒ぎ 二人 酔い耽る 两人喧闹 两人沉醉
今夜が 最后でもないのに 明明今晚还不是最后
仆の 视界が ぼやけていく 我的视线渐渐模糊
袖で こっそり拭う 提起衣袖偷偷拂拭

たま ランコ 雨天决行 たま ランコ 雨天决行
薄云越えて 注ぐ月明かり 穿透薄云洒落的月光
君と 寄り添って この夜道 和你 并肩走在 这条小道
今夜は 月が明るいけど 今夜月光还算明亮
もう少し このまま 还想这样继续待一会儿

たま ランコ 雨天决行 たま ランコ 雨天决行
「忧世郁世」云々 叹き节 聊起「忧世郁世」云云 悲叹处
肴に呷る 酒の苦味よ 鱼肴塞口 苦酒滑肠
けれども染み入り酔いぬのは 却说酒醺而未醉
君と居たからこそ 但因那时你在身旁

たま ランコ 雨天决行 たま ランコ 雨天决行
「渡世は厌世」云々 恨み节 聊起「渡世即厌世」云云 悲恨处
肴に浸る 酒の苦味よ 鱼肴浸口 苦酒滑肠
けれども染み入り酔いぬのは 却说酒醺而未醉
君が居たからこそ 但因那时身旁有你

以上歌词标注了三人配合时每人负责唱的部分, たま 是魂音泉, ランコ 是豚乙女, 还有男声 雨天决行 。歌词用的和语词比较多,意向有些难以把握, 上面的翻译只是凭借我个人的理解。

下面给出标上了假名适合跟唱的版本,顺便在右边配上一些难以翻译的字词的解释。 这些解释不属于字典上的解释,只是这些字词在这个上下文中我自己的理解:


たま たま
() こうの 世界(せかい) は いつも (にぎ) やか () こう:对面,眼前的,隐含不属于自己这边的。 (にぎ) やか:喧嚣,吵杂,热闹。
だけど どこか () まらなそうだ () まらない:无聊,无趣。 这里用「 () まらなそう 」是表样态,看上去无趣的样子。
一绪(いっしょ)(わら) える』それだけのこと (わら) える:(わら) う的可能态,能一起笑。
とても 大切(たいせつ) なこと

ランコ ランコ
(おし) えてくれた (きみ) への 感谢(かんしゃ)
() きないけど 「ありがとう」とは () きない:无法完全表达出来。
() れくさくて () えそうにない
今夜(こんや) も (だま) って 干杯(かんぱい)

たま ランコ たま ランコ
忧世(うきよ) 郁世(うつせ)云々(うんぬん) (なげ)(ぶし) 忧世(うきよ)浮世(うきよ) ,佛教厌世观的说法。 「 忧世(うきよ) 郁世(うつせ) 」即是说 「这个浮躁变换的世界也是令人忧郁的世界」。 (ぶし):那时,那一刻,那一点。
(さかな)(あお) る (さけ)苦味(にがみ) (あお) る:大口吞下。一般这个动词的宾语是酒或者毒,这里是 (さかな)
けれども ()()() いぬのは ()() り:酒劲上头。 () いぬ:不醉。
(きみ)() るからこそ

雨天决行 雨天决行
月夜(つきよ)(おも)(ふけ) (おも)(ふけ) る:沉浸在思绪中。
一方的(いっぽうてき)(おく)(ぶね) 这句「有去无还的客船」可能指酒宴是开设在客船上,并且只有单向,于是后文他们需要走夜路。 同时三途川上接亡者送去冥界的渡船也有被称作「有去无还的客船」。
何时(いつ) 何时(いつ) (くる) しみ (さけ)()
またあの ()(いつく) しみ (いつく) しみ:慈爱。这句「那一天」的格助词用 を ,于是「那一天」是 「慈爱」的宾语。直译的话这句并非「想起那一天的慈爱」,而是「慈爱起了那一天」。
(くせ)()(よう)(いや)辛味(からみ)
(さけ)(すす) めど (わだかま) (わだかま) り:语源是千足虫很多脚快步走过的样子, 引申义在这儿可以有两种解释,其一是酒杯像虫脚一样快快下肚, 其二是心中烦闷和厌恶之情难以消解。
(さかずき)(きみ)投影(とうえい) 投影(とうえい):这里下句加する是做动词,将你投影进杯中。
する (たび) 波纹(はもん)花见月(はなみづき) 花见月(はなみづき):花中月,代指农历三月,这里可能是本意也可能是点出时间的引申意。
(ひとみ)(かさ)() さす (かさ) :面积,体积。
() れる (こころ)过度(かど)摩擦(まさつ)
()(ばなし)
にも 出来(でき) ずに  (おも) いは 盥回(たらいまわ) 盥回(たらいまわ) し:迂回,不切中主题的方式,推诿责任的态度

たま ランコ それでも (まわ)世界(せかい)
雨天决行 そう () わらず 二人(ふたり)存在(そんざい) してる
たま ランコ  (いま) でも 垢抜(あかぬ) けない 垢抜(あかぬ) ける:本意清扫灰尘,延伸到整洁的样子,否定形式表示蓬头垢面的样子。
雨天决行  想いが交差し(まま) 后悔(こうかい)() 想いが交差し(まま) :这里歌词当て字标作「 (おも) いが 交差(こうさ) し」直译是「思绪相互交错」, 唱出来的是「まま」两个音。

たま ランコ たま ランコ
() こうの 世界(せかい) は 平穏无事(へいおんぶじ)
だけど どこか  息苦(いきくる) しそうだ
(かた)(ちから) を  () き  () ごせる 直译:放开肩膀上的力气,挤过去(狭窄的地方)。
场所(ばしょ) ではないのだろう 直译:还没到这样的地方吧。

たま ランコ たま ランコ
渡世(とせい)厌世(えんせい)云々(うんぬん)   (うら)(ぶし) 渡世(とせい): 佛教用语,在世界上生活,度过此生。 「渡世即厌世」大概是说,必须厌倦了这个世界,才能度过这个世界。 换句话说,学会生活在这个世界,也就是学会厌倦了这个世界。
(さかな)(ひた) る  (さけ)苦味(にがみ) (ひた) る:浸没。上一段唱的是「肴を呷る」的感觉是像服毒一样大口吃, 这句动词改成了 (ひた) る ,有种被油脂浸没,沉溺在其中的感觉。
けれども ()()() いぬのは
(きみ)() るからこそ 上一段「(きみ)() る」用的格助词 と 表示「和你在一起」。 这句「(きみ)() る」用的格助词 が 就没有了「和你」的意思。 直译: 因为你在这里。

ランコ ランコ
(ぼく) は  名前(なまえ) も  () られてない () られてない:知道的被动形式。我的名字没有被知道。
(きみ) の  (まわ) りには  (ひと) (たか)
だから  (ぼく)
(すこ) し  (はな) れた  场所(ばしょ)
(きみ)() ていた 这里过去式表示从过去就开始,于是多了「一直」的含义。一直注视着你。

たま たま
(すすき) ざわめき  (くも) (がく) れの (つき) ざわめき:发出微小的响声,这里大概是风吹云飘的声音。
(みょう) に  (はだ) (ざむ) い  ()小道(こみち) (みょう) に:微妙地,稍微有一点。
足元(あしもと)() らす 程度(ていど) でいい
今夜(こんや) は  (あか) りが () しい

雨天决行 雨天决行
当面(とうめん)予定(よてい)未定(みてい) 予定(よてい):今后的安排。
そう 透明(とうめい)依然(いぜん)   ()()両手(りょうて)
二人(ふたり)()() らず ()() らず:陌生人
(なん)(おも) いだす 意気地(いくじ) () 和上句接在一起「为什么会想起我们还是陌生人呢,真没出息」
未来(みらい) 予想(よそう) すら
(いく)(かさ) ねても 肥大(ひだい) 妄想(もうそう)
(のど)() まる () たい (こと)
弱音(よわね)()(くず) れる 膝小僧(ひざこぞう) (くず) れる 膝小僧(ひざこぞう): 膝盖软,表示懦弱。
たまにの (ばん)   釈然(しゃくぜん)晩酌(ばんしゃく)
全能(ぜんのう) まではいかず
「また、いつか」だけは (ちか)
それで 明日(あした)(はじ) まりだす
()()(はなし)()()(ほり) ()()(ほり) り:惯用语 () ()() () り 表示刨根问底。对想说的事情完全无法问出口,无关紧要的事情却能刨根问底。
二人(ふたり)时间()(はな)() かす
実感(じっかん) 出来(でき) れば 有终(ゆうしゅう)() 有终(ゆうしゅう)():事情有始有终的美。 也想要好好开始好好结束,但不能如愿。
贵方(あなた)立场(たちば)重々承知(じゅうじゅうしょうち)

たま ランコ たま ランコ
() こうの 世界(せかい) が  (まく)() じて (まく)() じる:落下了帷幕
(かれ) らは  (おお) きく  (いき) をついた
(ぼく) らもいずれ  (わか) れるだろう
それぞれの ()(さき)

ランコ たま ランコ たま
(きみ) との (わか) れは ちょっと (かな) しいけど
(なみだ)(わか) れは もっとつらい
だから  (ぼく) は きっとその (とき)
(わら) いながらに () うよ

たま ランコ 雨天决行 たま ランコ 雨天决行
二人(ふたり)   (さわ) ぎ  二人(ふたり)   ()(ふけ)
今夜(こんや) が  最后(さいご) でもないのに
(ぼく) の  视界(しかい) が ぼやけていく
(そで) で こっそり (ぬぐ)

たま ランコ 雨天决行 たま ランコ 雨天决行
薄云(うすくも) () えて (そそ)(つき) () かり
(きみ) と  ()() って この 夜道(よみち)
今夜(こんや) は  (つき)(あか) るいけど
もう (すこ) し このまま

たま ランコ 雨天决行 たま ランコ 雨天决行
忧世(うきよ) 郁世(うつせ)云々(うんぬん) (なげ)(ぶし)
(さかな)(あお) る (さけ)苦味(にがみ)
けれども ()()() いぬのは
(きみ)() たからこそ 第一段「(きみ)() る」这里变成了 「(きみ)() た」,过去式。

たま ランコ 雨天决行 たま ランコ 雨天决行
渡世(とせい)厌世(えんせい)云々(うんぬん)  (うら)(ぶし)
(さかな)(ひた) る  (さけ)苦味(にがみ)
けれども ()()() いぬのは
(きみ)() たからこそ 第二段「(きみ)() る」这里变成了 「(きみ)() た」,过去式,以及没有了第一段的「和你」的意思。

请用你的 GitHub 账户登录并在这篇文章的 Issue 页下留言
comments powered by Disqus