千切れた云の隙间に 映ゆる今宵の月は 波云飘过的空隙之间 掩映出今夜明月
解けた帯によく似た 淡い花模様 恰似宽解下的腰带上 淡雅花纹
爱し君の唇が 口ずさむ手毬呗 你可爱的小嘴 轻声哼起童谣小调
あの日の面影はもう 祸夜最の果て 那日容颜已成为 那夜灾祸最后的结果

根雪の下で芽吹いた意思の 残雪下破土而出的心意
蕾は何処で咲くのだろう? 花苞又会在何处绽放呢?
差しのべた手の温もりは変わることなく 伸出的手 温暖还尚未消散

失くした物を忘れ去るように 就像要忘却那些失去的事物
过ぎ行く四季の移ろいに 四季轮转交替不停
道の端揺らぐ花よ 君は今何思う 路旁摇曳的花啊 你现在又在想什么

远く渗む缥色 流々と旅行く鱼は 共长天一色的流水 络绎不绝的鱼群
「己が运命」と散りても羽瀬に惑いて 说是为「自己的命运」而牺牲 却是困入了鱼篓中

叶黒无く脆く砕けた命(ツキ)の 飘渺而脆弱的这已经破碎的生命(残月)
欠片は何処へ还るだろう? 碎片该归还于何处呢?
天翔けるその煌きは 语ることなく …
几千の夜 几万の星 数千夜晚 数万繁星
泣いて流れ抱きしめて 哭着喊着抱紧着
爱しい君を 切に思う 深切想念着 深爱的你
涙枯らせる程に 甚至流干眼泪的程度

揺り笼のように揺れる 像摇篮一样摇摆中
时代は儚さの小舟 时代就像纤纤小船
纺ぎ合える指先さえも 就连十指相合的指尖也
风の悪戯に解けてく 因风的玩笑而解开

虚ろな心一つ 一颗空虚的心
天の川を旅しながら 漫游于银河繁星中
何时か辿り着けると信じ 坚信终有一日能到达
愿う切なさの道标 所思所念的那块路标处
遥かな记忆の果て この灯火 探寻遥远记忆的终点 这片灯火
约束の月见桜 感じて 约定的月下樱 感觉到

几千の恋 几万の伤 数千恋爱 数万伤痕
强く深く限りなく 强烈的深刻的无边无垠的
描く未来 永久人 描绘中的未来 永恒不变的人
现在を忘れる程に 甚至忘了现在的程度

几千の夜 几万の星 …
たま たま
向こうの世界は いつも 赈やか 对面的世界 总是很热闹
だけど どこか つまらなそうだ 但是 总觉得哪儿 有些无趣
『一绪に笑える』それだけのこと 『能一起欢笑』只有这一点
とても大切なこと 是最重要的事

ランコ ランコ
教えてくれた君への感谢は 你告诉我种种的感激之情
尽きないけど 「ありがとう」とは 无以言表 就连一句「谢谢」
照れくさくて 言えそうにない 都羞涩得 难以启齿
今夜も 黙って干杯 今晚也 默默干杯

たま ランコ たま ランコ
「忧世郁世」云々 叹き节 聊起「忧世郁世」云云 悲叹处
肴に呷る 酒の苦味よ …