残響は鳴り止まず 回聲響而不絕
胸に残る 留於心中
記憶に縋ることだけ 沉溺在記憶中這一點
上手くなってしまった 卻變愈發熟練了

光降る 陽光灑落
平穏に誘われて 誘向平穩日常
窓から見える 從窗沿看去
いつもの後ろ姿を探した 探尋一直在那兒的背影
わかってる 我明白的

会えなくなるわけでも無くて 並不是再也見不到了
君が消えてしまうことも無い 也不是你要永遠消失了
過去と違うことは一つ 和過去相比唯一不同的一點
「答え」が知らせた見えない壁 是得知了「答案」這堵看不見的牆

残響は鳴り止まず 回聲響而不絕
胸に残る 留於心中
元の形が消えても 就算已經沒有了原本的形狀
哀しみは消えません 悲涼還是不會消失

綺麗だった音色も 曾經清澈的音色
濁っていた 也變得渾濁
あのドアを開けなければ 沒打開那扇門的話
知らずにいられたのに 明明還能繼續不知情的

ぎこちない 生疏而尷尬
新たな二人の距離 兩人間新的距離
何を話せば …