【聽譯】華鳥風月

嗚呼 華のように鮮やかに さあ 啊 像花那樣鮮豔 颯
嗚呼 鳥のように優雅に 啊 像鳥那樣優雅
嗚呼 風まかせも心地良い さあ 啊 憑風拂面也很舒服 颯
嗚呼 月明かり照らされて 啊 明月光輝照耀世間

正しさなんてもの 所謂的正確與否
人の物指しによって変わる 會根據人的判斷而改變
この世界 不変あるとするならば 這個世間 要說不變的事物 唯有
華鳥風月 厳かで美しいもの 花鳥風月 這些莊嚴而美麗的事物

後悔をして 学び また歩もう 經歷過後悔 學會教訓 繼續前行
二度と過ち 繰り返さぬように 不要讓錯誤再一次重複發生
歴史とは 変わらぬ感情が 所謂的歷史 也就是不變的感情
廻り廻って 傷つけて和解された 峯迴路轉 相互中傷又和解
世界の成長 也是世界的成長

正しさなんてもの 所謂的正確與否
大人にも分からない幻想 更多是連大人都無法理解的幻想
この世界 不変あるとするならば 在這世間 要說不變的事物 唯有
華鳥風月 穏やかで懐かしきもの 花鳥風月 這些穩重而令人懷念的事物

汚れぬことが 不同流合污
正義なのだろうか? 就能算是正義了麼?
過ちの中にあるけじめに 一次次犯錯中 尋找每次的區別
魅せられ知った 穢れを恐れぬ愛も 被魅惑後又知情 卻還無懼於污點的愛
正しさと言うこと 也能說是正確的吧

形無いからこそ 正因爲沒有形狀
感じようと思える 所以纔更想去感受到
それも 生けるものすべて内側に持つ 這一點也 讓它存在的原因全都是發自內心
華鳥風月 測れないから意味がある 花鳥風月 因爲無法測量所以纔有意義
だからこそ 愛を彷徨う 正因如此 纔會在愛中彷徨

悲しめる心も 讓人悲傷的心也
怒れる優しささえも 就連讓人憤怒的溫柔也
きっと 生けるものすべて内側に持つ 一定是 讓它存在的原因全都是發自內心
華鳥風月 何処までも美しくなれ 花鳥風月 無論何處 都美麗動人
いつまでも美しくあれ 無論何時 都美麗動人

《花鳥風月》,算是比較著名的東方改編曲了,因爲作爲《幻想万華鏡》的片頭片尾曲, 配上了動畫的片段,算是對整個東方正作故事中描繪事物的總結。 就像我第一篇翻譯的歌詞 《童遊》 因爲是對神主ZUN自己的主題曲《童祭》的重新譜詞而有了總起的性質, 這篇《花鳥風月》也因爲用在《幻想万華鏡》而有了總結的性質。


嗚呼(あゝ)   (はな) のように (あざ) やかに さあ
嗚呼(あゝ)   (とり) のように 優雅(ゆうが)
嗚呼(あゝ)   (かぜ) まかせも 心地(ここち) () い さあ
嗚呼(あゝ)   (つき) () かり () らされて

(ただ) しさなんてもの
(ひと)(もの) () しによって () わる
この 世界(せかい)   不変(ふへん) あるとするならば
華鳥風月(かちょうふうげつ)   (おごそ) かで (うつく) しいもの

後悔(こうかい) をして  (まな) び また (あゆ) もう
() ()(あやま) ち  ()(かえ) さぬように
歴史(れきし) とは  () わらぬ 感情(かんじょう)
(めぐ)(めぐ) って  (きず) つけて 和解(わかい) された
世界(せかい)成長(せいちょう)

(ただ) しさなんてもの
大人(おとな) にも () からない 幻想(げんそう)
この 世界(せかい)   不変(ふへん) あるとするならば
華鳥風月(かちょうふうげつ)   (おだ) やかで (なつ) かしきもの

(けが) れぬことが
正義(せいぎ) なのだろうか?
(あやま) ちの (なか) にあるけじめに
() せられ () った  (けが) れを (おそ) れぬ (あい)
(ただ) しさと () うこと

(かたち) () いからこそ
(かん) じようと (おも) える
それも  () けるものすべて 内側(うちがわ)()
華鳥風月(かちょうふうげつ)   (はか) れないから 意味(いみ) がある
だからこそ  (あい)彷徨(ほうこう)

(かな) しめる (こころ)
(おこ) れる (やさ) しささえも
きっと  () けるものすべて 内側(うちがわ)()
華鳥風月(かちょうふうげつ)   何処(どこ) までも (うつく) しくなれ
いつまでも (うつく) しくあれ

請用你的 GitHub 賬戶登錄並在這篇文章的 Issue 頁下留言
comments powered by Disqus